特集1:今の「時事」がわかる。
秋季実験1



特集2:「人」が伝える今。


特集3:「写真」が伝える今。


2007.10.7 Sun 秋季社会実験1

社会実験1 社会実験2 社会実験3 社会実験4
駿東北部地域(御殿場市・裾野市・小山町)の主要道路における休日交通の混雑緩和に向けて、少しでも効果があると考えられる施策を、実際の道路で「実験」として導入し、その効果を把握したうえで、施策の有効性を評価し、恒久化する目的で実施する社会実験です。
天候がよい場合には、138号が混雑する可能性があります。実験当日は、国道138号の渋滞を確認した後に、案内看板を設置します。また、看板設置後に天候、その他の状況により、国道138号のおよび推奨ルートの混雑状況が変わる可能性がありますので、あらかじめご了承のうえ、推奨ルートをご利用ください。 ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い致します。

社会実験1:日程

 平成19年10月7(日) A.M.9:00〜P.M.4:00
  上記日程で、天候のくずれが見込まれる場合は、10/8(祝)に実施する可能性もあります。また両日とも天候のくずれる場合は中止になる場合もございます。

社会実験1:内容

国道138号で、御殿場ICから山梨方面に向かう際には、国道246号と交差する「萩原北交差点」から「リサーチパーク入口交差点」まで混みあうことが多いです。そこで、混雑区間を避けるために、「萩原北交差点」を右折して、国道246号を「菅沼交差点」まで行き、左折して山梨方面に向かうことをお勧めします。

[画像をクリックすると拡大します。]

当日は、東名足柄SA(下り・名古屋方面側)および東名駒門PA(上り・東京方面)で上記チラシを配布するとともに、御殿場ICからの誘導ルート上に右図のような案内看板を設置しますので、安心してご利用ください。

おすすめリンク

駿東北部地域交通円滑化委員会

事務局:国土交通省 中部地方整備局 沼津河川国道事務所 調査第二課